トイレの詰まりの対策!もし詰まったら自分で直せる?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/03


自宅のトイレを普通に使っていて、突然詰まってしまったら焦ってしまいますよね。こちらではトイレの詰まりに対する自分でおこなえる対処法を説明するので、アクシデントが起こったときに実行してみてください。

また、対処しても解決しなかった場合にやるべきこともお伝えするので試してみてくださいね。

詰まってしまったのなら何度も流してみよう

トイレが詰まってしまったときに、気軽に試せる方法は「何度も水を流してみること」です。一度では駄目でも、二回や三回繰り返すことで、無事に流れてくれる場合もあります。

ただし、水を流すときに気をつけなければいけないのは、便器から、汚水をあふれさせてしまわないことです。詰まっている状態で水を流すと、水位がどんどんと上がってきてしまうため、さらに水を流すと汚水が便器からあふれてしまいます。かなりの大惨事になるので、水が引くのを待ってから、あふれないことを確認して流すようにしましょう。

なお、何度流してみても、解消されないのならば、重曹とお湯という比較的用意しやすいアイテムを使ってみましょう。それらを溜まってしまった水に投入するだけなので、誰でも簡単に活用できます。

それらのアイテムのおかげで、詰まりの原因となったものが溶けやすくなるので解消する確率が上がります。投入してすぐには流さずに、しばらく待ってから、水が引いたことを確認して流してみましょう。

ラバーカップを利用して解消しよう

流すだけで対処がおこなえないのなら、「ラバーカップといわれるアイテム」を使ってみましょう。ラバーカップはいわゆるスッポンといわれているアイテムで、詰まっている原因を引きだすことによって、水を流れるようにしてくれます。

詰まっているものを押しだしたほうが解決すると考えるかもしれませんが、悪化する可能性があるので気をつけましょう。引きだすことで、下水管に空間ができるため、水と一緒に詰まりの原因となったものが流れやすくなります。ただし、作業中にビチャビチャと汚水がはねることがあるので、汚い思いをしたくないのなら、慎重に作業することを強くおすすめします。

なお、ラバーカップを購入したいのなら、ホームセンターを訪れれば、まず間違いなく取り扱っています。500円から1,000円程度で購入ができるようになっているため、それほど費用をかけずに、トイレの詰まりを解消できます。もしも、さらに安く手に入れたいと考えるのなら100円ショップを訪れて、店内を探してみましょう。取り扱っている100円ショップも多いので、もしかすると格安価格で手に入られるかもしれません。

ただし、100円ショップの場合は、カップのサイズが小さいものが多いため、上手く詰まりの原因を引きだせない可能性もあります。そのため、トイレの下水管に繋がる入り口のサイズをきちんと確かめて、それを覆える大きさのカップを持つものを購入しましょう。

ちなみに、ラバーカップは構造上、自立できるタイプですが、そのまま置いておくのは衛生上よくありません。もし購入するのなら、ケースつきのものか、別途ケースを購入したほうがよいでしょう。

解消しないなら水漏れ修理屋に頼もう

何回も流して、ラバーカップも使ったのに、まったく詰まりが解消されない場合もあるでしょう。そうなると、自分でおこなえる対処はないので、水漏れ修理屋に、トイレを直してもらう仕事を依頼しましょう。水漏れ修理屋ならトイレの詰まりにも対応してくれるため、快適に使える便器を取り戻してくれます。

なお、水位がまったく減らない場合や詰まりの原因が異物だったりした場合は、自分で直すのではなく、すぐに水漏れ修理屋に頼んだほうがよいでしょう。それらの状態で、自分で直そうとしてしまうと、状況が悪化してしまい、プロでも直すのが難しくなってしまう可能性があるからです。そうなると、修理代金が増えてしまうため、余計なことをせず、専門家に任せてしまいましょう。

 

トイレの詰まりは、自分でおこなえる簡単な作業で、解決できるかもしれません。水位が下がったら何度も流してみたりラバーカップを活用したりする方法があるので、チャレンジしてみましょう。

もしも、それらの方法を試してみても解決できないのなら、水漏れ修理屋に自宅にきてもらって解決してもらうとよいです。料金は発生しますが、確実に直してもらえるため、すぐに快適な生活を取り戻せます。

なお、何度も詰まるというのならば、便器に原因があるかもしれないので、買い換えることも考えましょう。そのような相談にも、水漏れ修理屋が対応してくれるので、困っているのなら連絡してみることをおすすめします。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム