トイレの水漏れで一番多い原因は?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

トイレは日常生活を送る上では欠かせない住宅設備と言えますが、そこで水漏れが発生しますと使用できなくなり、生活にも大きな支障を来します。ここではそんなトイレの水漏れで一番多い原因について紹介します。

老朽化によるものが非常に多いです

原因として最も多いのが、やはり老朽化によるものです。便器については、多くは陶器製のため基本的には長持ちし、耐用年数は100年と言われています。

しかし、パッキンや配管などの部品については一般的には10年~20年が寿命とされています。近年では家に長く住む傾向があり、トイレも長年に渡って使用される傾向にあります。このため、消耗が激しくなり、水漏れを引き起こすこととなります。

また、キッチンやバスルームとは異なり、トイレはあまりメンテナンスが実施されない住宅設備となっています。普段、こまめに掃除していれば老朽化もある程度は防げますが、掃除をしていない場合には老朽化の進み具合も早まることとなります。そうなると、予想以上に早く水漏れが発生することとなります。

老朽化による水漏れではそれが発生した時点で、部材などがかなり傷んでいるものと思われます。このため、早急に対処する必要がありますが、古い部材などの場合には入手が不可能なこともあり、そのような場合には最悪、設備ごと取り替えなければならないということもあり得ます。

通常の修理なら数時間程度で工事は完了しますが、設備ごとの交換となりますと設備の手配から工事まで数日程度かかり、それこそ日常生活に多大な支障を来すこととなります。そうならないためにも、常日頃から掃除するなどを心がけ、少しでも異変に気づいたら修理業者に見てもらうなど、こまめなチェックが必要となります。

異物が混入するといった事例も非常に多いです

また、老朽化と並んで原因として多いのが異物の混入です。髪の毛が大量に流されたり、ヘアピンなどの固形物が流されたりしますと、これも水漏れを引き起こす原因となります。

特に注意したいのが髪の毛の混入です。髪の毛が一気に大量に流されるのではなく、日々少量の髪の毛が積もり積もって水漏れを引き起こすこととなりますので、なかなか気づきにくいのが特徴です。このため、トイレを使用する際には髪の毛にも注意を払うようにしましょう。

ヘアピンなどの固形物については、基本的には流されやすいものはトイレ内に持ち込まないことを心がけることです。例えばメガネなど身に付けないといけない必要最小限のものに限り、おもちゃや携帯電話などは極力持ち込まないようにしましょう。こうしたことに注意を払えば、異物混入を防ぐことができます。

そして注意しなければならないのは、もし誤って異物を流した場合には、できるだけすみやかに取り出すことが重要です。多くの場合、ついついそのまま流してしまいがちですが、それをしてしまうとかえって症状を悪化させてしまいます。取り出せるものは自力で取り出すようにしてください。

自力で取り出せない場合にはすみやかに修理業者を呼んで取り出すようにしましょう。流せるは人間の小便と大便及びトイレットペーパーのみと考えても過言ではありませんので、これ以外のものを流してしまった場合には、必ず上記の処置を講ずるようにしてください。

ウォシュレットのトラブルも多く見られます

そしてもう一つ、原因として忘れてはならないのがウォシュレットのトラブルです。一昔前まではウォシュレットを導入している設備は非常に少なかったので、この原因による水漏れは少数派でしたが、今ではほとんどのトイレがウォシュレットの機能付きとなっていますので、そのトラブルによるものも多発しているところです。

ノズルや給水管、水抜き栓などから水漏れしていることが多く、使用頻度が多ければ多いほど、ウォシュレットのよるトラブルも多く発生しています。老朽化によることも考えられますが、使用方法に誤りがあるといったケースも多くありますので、使用する際には必ず取扱説明書に沿って使用するようにしましょう。

特に、取扱説明書では注意すべき事項も記載されていますので、それをきちんと把握して、正しく使用することがポイントとなります。

ウォシュレットについても少しでも異変に気づいたら、すぐに修理業者を呼ぶことが大切です。ウォシュレットの修理についてはある程度の専門的なスキルと知識が要求されますので、自力でやろうとせず、必ず専門の修理業者に見てもらうことが大切です。

 

日常生活でよく使用されるトイレの水漏れの原因としては老朽化によるもの、異物混入によるもの、ウォシュレットのトラブルによるものがあります。

老朽化に対しては常日頃から掃除などのメンテナンスをすること、異物混入に対してはトイレ内には必要なもの以外はできるだけ持ち込まないこと、ウォシュレットのトラブルに対しては取扱説明書の使用方法や注意事項などをよく読んで、正しく使用することを心がけることが、それぞれの対処法となります。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水道修理業者ランキング
第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第5位 クラシアン
第8位 水110番
第9位 水道1番館
第10位 水協
エリア別おすすめ修理業者
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索