トイレの流れが悪いときは水漏れしている可能性がある?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/22

トイレの水量が十分ではないと詰まりなどのトラブルが発生することもあります。改善のためには、まずは原因を調べてみましょう。簡単な方法で改善することもありますし、ときには業者に修理を依頼することもあります。ここからはトイレの流れが悪くなるさまざまな原因と対応策について書いていきます。

過度な節水対策をしている場合も注意が必要

水量が少なくなる原因のひとつには節水対策があります。水道代を少しでも抑えるよう、工夫している家庭は多くなっていますが、タンクに水の入ったペットボトルを入れるなどの場合はそれだけ水の量が少なくなります。

過剰な節水は詰まりなどの故障につながることもあり、修理代でかえって高くなる可能性がありますので注意が必要です。節水対策をしている場合は、一度それを取り除くことで改善できる可能性がありますので試してみることがおすすめです。

この方法で改善しない場合は、別の要素が考えられます。流れが悪くなる原因としてはトイレが詰まりかけているということがあげられます。掃除を怠っていると尿石が貯まり、詰まりにつながりますので、専用の洗剤などで取り除くことがおすすめです。軽い詰まりであればラバーカップなどで対応できることもあるので試してみましょう。

このほかでは携帯電話や子どものおもちゃ、ペンなどの異物を落とし、詰まっている場合もあります。この場合はそれを取り除く必要がありますので、手が届く範囲にある場合は取り出してみましょう。取り出せないほど奥に詰まってしまった場合は業者に撤去を依頼することになります。

水漏れがないかどうかを確認しよう

トイレの流れが悪くなる原因のひとつには、どこかで水漏れをしているということが考えられます。まずは便器の後ろにあるタンクを確認することがおすすめです。タンクの中に十分な水量があれば問題はありませんが、あきらかに少ないという場合はタンク内で何等かの不具合が発生している可能性があります。

タンク内には水位の基準となるボールタップと呼ばれる部品が入っていますが、長く使っているうちに劣化が進み沈んでいきます。それが水量を少なくしている要素のひとつになります。このほかでは、タンクの一番下部分にあるフロートバルブに異常がある場合もありますので、こちらもチェックしてみましょう。

ボールタップの交換は素人でも比較的簡単におこなうことができます。部品はホームセンターなどでも購入できますので、作業に挑戦してみてはいかがでしょうか。フロートバルブが劣化している場合も部品を購入して交換することができます。このような例であれば部品の購入費用も低価格なので安く修理をおこなうことができます。

便器内にいつまでも水が流れている場合

トイレの流れが悪くなる原因のひとつには、水漏れもあげられます。便器内にいつまでも少量の水が流れているときは注意が必要です。それから、通常はタンク内に水が貯まれば水の音は止まりますが、いつまでも給水の音がしているという場合は水漏れが起きている可能性があります。

水漏れの原因は、タンク内の給水装置の位置がずれていることも考えられますので、蓋を開けて確認してみましょう。水漏れが起こる原因のひとつにはパッキンの劣化があげられますが、これは素人でも比較的簡単におこなえる修理です。古いパッキンを取り除き、新しいものと交換するだけですが、この場合もサイズを間違わないよう気をつける必要があります。ホームセンターなどで購入する際は、取り外したものを持っていくと間違う心配はありません。作業の際は止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。

もしも忘れてしまうと大量の水が流れ出すなどのトラブルが起きる可能性もあります。水漏れ修理は自分でおこなうと安く済ませることができますが、難しいと感じた場合は無理をせずに業者に依頼することがおすすめです。パッキンや部品の交換をしても改善されないという場合は、別の部分でも漏れている可能性がありますので、この場合も相談してみることがおすすめです。

水漏れを放置していることは、詰まりが起きることにもつながりますし、漏れる量が多くなると水道代も高くなってしまいます。修理に対応している業者は多く存在しますが、質の良い修理を提供していること、料金についても良心的であることが大事です。依頼前は業者の評判をしっかりと確認し、作業前には見積もりを取っておきましょう。

 

トイレのトラブルにもいろいろな種類がありますが、水の流れが悪いという場合も早めの対処が必要です。原因としては、尿石などで詰まりが起きかけている、タンク内の水量が十分ではない、タンク内で水漏れが起きているなどがあげられます。まずは原因を確認し、それぞれに応じた対策で改善を目指しましょう。水漏れの場合は、パッキンなど部品の交換で改善することも多くなっていますが、ときにはそれだけでは直らないこともあります。改善が難しい場合は水道業者の水漏れ修理を依頼することも考えていきたいところです。

 
   
 

水漏れ修理業者一覧

第1位 水の救急隊
第2位 水道屋本舗
第3位 スイドウサービス
第4位 JBR生活グループ(水の生活救急車)
第5位 クラシアン
水漏れ修理業者関連コラム
サイト内検索