応急処置!トイレに止水栓がないときの水を止める方法

トイレは水漏れなどのトラブルが起こりやすい場所です。

例えば給水管や配水管などのパイプ、タンクや床下などのいろいろな場所から水が漏れることが予想されます。

タンクなどの便器を通過する前なら他の水回りと同じように修理することができるかもしれませんが、便器を通過した後水が漏れると大変です。

便器を掃除した後でも便器を通過した水なら、菌やニオイなどが気になりますが、いくつか応急処理することが可能です。

 

水漏れ修理を自分で行うことができます

給水管や配水管、手洗い管などパイプ周りの水漏れは多くの場合ゴムパッキンの経年劣化になります。

接続部のバルブやナットなどが緩んでいることも原因として考えられます。

水漏れ修理はそれほど難しくはなく、自分で修理することが可能です。

まずタンクの止水栓を閉めます。

水の供給源をストップするのが修理の第一歩で、壁とタンクを結んでいる管の壁を見るとマイナスドライバーで回すことができるパーツを見つけることが可能です。

マイナスドライバーを差し、時計回りに回すと水道を止めることができます。

硬くてドライバーが回らない場合、ウォーターポンププライヤーといった力を込めやすい道具でひねって回すと良いでしょう。

尚、マイナスドライバー以外の道具を使うとメッキに傷が付くリスクもあるので、ウエスといった柔らかい布をあてながら回すことをおすすめします。

種類によっては付属品で開閉することができる工具が付いていることもあり、その場合は開閉工具を利用することが可能です。

ウォシュレットのあるタイプは本体の止水栓横に、ウォシュレット用のものが設けられていることがありますが、本体の方を締めるようにした方が良いです。

もし固くて回せない場合や見当たらない場合、家全体の元栓を閉める方法もあります。

宅地内の地面にある場合や、集合住宅なら玄関横のパイプシャフトにあるでしょう。

時計回りに閉めることができ、元をストップすることによって安心して修理することができます。

 

ゴムパッキンを交換すると修理できます

水漏れ修理する際、水漏れしている箇所を分解することが大切です。

パイプを外す際、パイプ内に溜まっている水や汚れなどが床に落ちないよう準備します。

パイプから下に落ちる水を溜めるためのバケツや、バケツ外に飛び散る水などを拭くのに雑巾などを用意しておくと便利です。

修理する場所の下にバケツを準備し、最初に水漏れしている場所と思われる部位のバルブやナットなどを閉めてみます。

少し閉まるようなら、その場所の緩みが原因で水漏れしている可能性が高いです。

きちんと閉まっているようなら、今度締めた時と逆にバルブやナットを回し緩めていきます。

ナットなどは固着していることもあるので、力を込めてウォーターポンププライヤーで回すことをおすすめします。

水が垂れてくることがあるのできちんとバケツで受けとめ、飛び散った水はきれいに拭いておきましょう。

内側にあるゴムパッキンが経年劣化からひび割れして、すり減っていることから水漏れしてしまう隙間を作っていることがあります。

そのような場合は新しいゴムパッキンなどと交換するとトラブルを解決することが可能です。

次に分解した配水管や給水管を元に戻します。

新しいゴムパッキンをバルブやナットなどにはめ、バルブやナットをきちんと閉めてからトイレの止水栓を開くようにしましょう。

止水栓はもちろん家の元栓を閉めている場合、ハンドルを回し開きます。

バケツと雑巾は念のためそのままにしておき、試しに水を流してみましょう。

水漏れ修理がきちんとされているなら、バケツや雑巾を片付けて修理が完了します。

 

ゴミが詰まっているかもしれません

水洗トイレのタンクから水漏れが発生しているケースもあります。

いくつか原因が考えられますが、例えばオーバーフロー管から水が漏れている場合、オーバーフロー管より水位が高いなら漏れている水の音を確認しましょう。

ポタポタと漏れているようなら、ボールタップにあるピストンバルブなどの劣化かもしれません。

ピストンバルブのパッキンを新しく交換すると、ボールタップできちんと栓をするようになっているので水漏れを止めることが可能です。

浮き玉に問題がある場合、浮き玉そのものや支持棒、浮き玉に付いているチェーン破損なども考えられるので交換が必要です。

ゴミが詰まっているといった原因からボールタップが動いているか確認しましょう。

ゴムフロートから水が漏れている場合、よくあるのはゴミが詰まり節水のためタンクに何かしら入れているとそれらが挟まることがあります。

レバーとゴムフロートを繋いでいるチェーンがおかしくなっているなどもあるので確認してみましょう。

トイレの止水栓を開け、水漏れが解消されたか確認し、水が流れる音がしなかったり、トイレタンクの水位がオーバーフロー管の下から2、3cmになっていると作業は完了です。

原因がパッキンやゴミなどの詰まりの場合自分で応急処理することができますが、中には原因不明の水漏れもあるのでそのような場合は専門業者に依頼すると便利です。

短時間で原因を把握することができ、効率良く修理してくれるでしょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム