お風呂のシャワー交換は自分でできる?

お風呂のシャワーが故障することは決して珍しいことではありません。たとえばシャワーから急に水が出なくなったり、シャワーの蛇口を閉めても水がポツポツと落ちて水漏れをしていたり、色々な故障の要因が挙げられます。

その場合、シャワーの交換をしようと考える方もいるでしょう。しかし、気になるのが「自分で交換をすることは可能なのか?」という点です。果たして業者の方に頼まなくてもできるのでしょうか?

 

シャワーの交換は自分でも可能!

シャワーの交換(ヘッドやホースなど)は、プロでなければできないような難易度の高いものではありません。たとえ日ごろから、あまり日曜大工や工具などを取り扱ったことが無い人でもポイントをきちんと押さえておけばきっと問題なく交換することができるはずです。

では、まずお風呂のシャワーを交換するのに準備するものを見ていきましょう。交換するために必要なものは以下の3つです。

 

1.新品のシャワーヘッド

シャワーヘッドと一言に言っても、さまざまなタイプのものが販売されておりその数は20種類以上にも及びます。
その中で主なシャワーヘッドの種類は、次の通りとなっています。

・塩素除去シャワーヘッド
まず水道水には塩素が含まれています。そして肌の弱い方に塩素は大敵です。そこで、このタイプのシャワーヘッドを使えばその塩素が除去できるので、肌をバリアすることができたり、かゆみが減ったりすることが実感できるでしょう。

・節水シャワーヘッド
夏になるとシャワーを使う頻度が増えてしまい水道代が高くなるということがあるでしょう。シャワーは水を出しっぱなしにするため、水をかなり使ってしまいます。ですから、水道代を少しでも抑えるために節水をすることが可能なこのタイプの製品もいいでしょう。

・マッサージシャワーヘッド
「頭皮の健康を維持したい」とお考えの方は、こちらを試してみるといいかもしれません。このマッサージシャワーヘッドは、その名の通り穴から出る水の量を調節することでまるで頭皮マッサージを受けているような心地よさを得ることができるというもの。

さらに他の種類のものと比べて洗浄力が段違いなうえに、優しく肌にあたるので小さい子どもにも安心です。

・ビタミンシャワーヘッド
ビタミンの力を利用して、外部からの有害物質を完全に排除。さらに肌荒れ防止の効果もあります。とくに、子どもや女性の方にはおススメです。

このようにシャワーヘッドには色々なタイプのものがあります。なので、自分の好みに合ったものを選びましょう。

 

2.シャワーホース

その次にシャワーホースも必要です。そして「シャワーホースなんてどれも同じだろう」とお考えの方は、注意しましょう。なぜなら、水栓はメーカーによって接続部分の形が異なるので、適当に選んでしまうと装着できない可能性があります。

ですから購入する際には、水栓のメーカーをあらかじめ確認してピッタリのものを選びましょう。基本的に、メーカーの名前は水栓に書いてあるので、それに適応しているシャワーホースを買えば大丈夫です。

 

3.プライヤー(モンキーレンチ)

ものをつかむ道具として知られるプライヤーを交換の際は使いましょう。しかし、モンキーレンチでも代用することが可能です。

 

以上の道具を用意しておけばシャワー交換はできます。また新品のシャワーホースとシャワーヘッドはネット通販やホームセンターなどで簡単に手に入りますし、道具もホームセンターで購入することができます。

では、必要なものをすべて揃えたら交換作業です。シャワーホースとヘッド、それぞれの交換方法を以下に説明したので見てみましょう。

 

▼シャワーヘッド

①古い製品の取り外し
シャワーヘッドはくるくると左方向に回すと取れます。もし、固くてヘッドが回らない場合はゴム手袋などを装着するといいでしょう。

②新しい製品の取付け
購入した新品のシャワーヘッドを手でくるくると回して取り付ければ完了です。

 

▼シャワーホース

①古いホースの取り外し
お風呂の水栓とシャワーヘッドの接続部分にあるナットをプライヤー(モンキーレンチ)で回して取り外しをします。もし回らない場合は布を間に挟んで回すと外れるでしょう。

②新しいホースの取り付け
ホース先端のナットは、サイズが小さい方が水栓側、大きい方がシャワーヘッド側です。まずは水栓側にホースを手で回して取り付けます。その後はアダプターを取りつけて、最後にシャワーヘッド側のナットを手で回して取りつければ完了です。

 

費用はどれくらいかかるの?

自分でシャワー交換をすると、業者に依頼するよりはるかに費用を抑えることができます。必要なものはすべてホームセンターなどで買うことができるのでとてもリーズナブル。

新しいシャワーホースとヘッド、道具を全て揃えても5000円から7000円くらいで購入することができるでしょう。業者に頼むと、2万円近くするところもあるので半分以下に費用を節約することができます。ですから、ぜひやってみるといいでしょう。

しかし、注意点もあります。たとえばシャワーヘッドやホースを長期間使っている場合はくっついてしまい、どうしても取れない可能性があります。もし無理やり取ろうとするとシャワー自体が壊れてしまうことも。

そんなときは無理に自分で交換しようとしないで、専門の水道業者に依頼しましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム