トイレが詰まった!詰まりを直してくれるラバーカップの使い方とは

トイレを利用していて詰まると非常に困ります。

業者を呼んで対処してもらうのが基本的な対応策になりますが、自宅にあるつまりを直すためのアイテムを使えば直せるときがあります。

ここではラバーカップの使い方をご紹介します。

和式用と洋式用の違いを知っておく

自宅でトイレのつまりが発生した時は、原則としては水漏れ修理の業者に依頼するのが良いでしょう。

つまりの原因がわからないのに自己流で行うと余計に問題が大きくなる可能性があるからです。

しかし単純な問題であれば自分で解決できる可能性もあります。

その時に使うアイテムにラバーカップがあります。

平らなところに押し付けると吸盤のように吸い付くアイテムです。

使い方の前にまずはいくつかの種類があることを知っておきましょう。

100円ショップでも売られているタイプは和式タイプになります。

主に和式トイレに使うタイプで、洋式でも使えないことはないですがうまくいかない可能性があります。

その他に洋式タイプがあり、通常の和式タイプよりも先が細くなっています。

洋式は吸い込まれる部分が和式よりも小さくなっているので、それに合わせて先を細く作ってあります。

それ以外に滑り止めが付いているタイプです。

和式タイプに帽子のつばのようなものが付いたタイプで、このつばの部分を便器の壁の部分に密着させながら使います。

密着度が増すので、和式タイプよりも直りやすいです。

周りや自分自身にかからないようにする方法

トイレの水を流した途端どんどん水位が高くなり、水が吸い込まれる気配がない時があります。

これは詰まっている状態なので、水漏れ修理をしてくれる業者を呼ぶなどの対応が必要になります。

ただ急いでいるときなどは何とか自力で直したいと考えるかもしれません。

自宅にラバーカップと呼ばれる道具を置いているなら、それを使うことを考えてみましょう。

普通に使おうとすれば、ゴム状の部分を吸い込み口に押し込み、それを引き上げれば水が通ってくれます。

ただ朝急いでいるときに既に着替えも済ませた後この作業を行うと大変なことになります。

勢いよく引っ張るとき、たまっている水などが自分にかかったり周りに飛び散ったりします

床は掃除しないといけないし、着替えないといけないしと散々な状態になります。

それを避けるための方法として、棒の部分に大きなビニール袋を取付けるようにしてみましょう。

普段使っている生ごみを捨てるための袋の先端部分を取って部分で固定し、それを便器にかぶせます。

その状態で強く引っ張り上げます。

そうすれば水は飛び散りますが袋の中だけで収まってくれます。

自分自身にかかることはありませんし、床もそれほど濡れません。

詰まっていたものによって対処が異なる

普段の生活の中で、いろいろなものを洋服のポケットに入れたままにしているでしょう。

しかし入れているのを忘れてついポケットからそのものが落ちてしまうことがあります。

気が付けば少し汚いですが何とかして取ります。

落ちた時に音が聞こえるかもしれません。

しかし小さいものなどだと音が聞こえず、結局そのまま水を流してしまうときがあります。

柔らかいものなどであればそのままパイプを通って流れていくときもありますが、固いものだとパイプの部分に詰まってしまいます。

こうなると水漏れ修理の業者に依頼をした方が良いでしょうが、ラバーカップがあるなら何とか取れる可能性もあります。

何を流したのかわからないときは、とにかく真空状態を作って強く引き上げることを考えます。

水が溜まっている状態でそっと吸盤部分を吸い込み口に入れていきます。

隙間がないように入れていくと真空状態になります。

奥まで入った後は勢いよく抜きます。

この時に引き上げる力によって、詰まっていたものが逆流してきてくれるかもしれません。

もし文房具など落としたものであればすぐに引き上げます。

そのままにしているとまた詰まらせてしまいます。

その他トイレットペーパーや汚物が原因の時もあります。

その時は慌てず落ち着いた状態でもう一度水を流します。

何らかの影響でたまたま詰まっていただけなので、次はスムーズに流れるでしょう。

まとめ

100円ショップにも売っているアイテムなので自宅に置いている人もいるでしょう。

ただ和式用と洋式用があるので、できればそれぞれに合ったタイプを使った方がいいでしょう。

飛び散らないように、ビニール袋で養生してから行いましょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム