機械が原因でウォシュレットが水漏れ?

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/26

ウォシュレットの水漏れの原因は色々なものが考えられますが、機械の故障が原因というものが多くあります。

ウォシュレットが稼働するためには電気と水が必要です。

水を溜めるポンプとホース、弁、ノズルが接続されており、ヒーターやモーター、基板などの電子部品のどれかが壊れてしまうと、ウォシュレットが水漏れしてしまうことがありますので、早めに修理しましょう。

 

水漏れ修理は早めに対処しましょう

ウォシュレットの水漏れは放置しておくと状態が悪くなってしまい、水漏れが悪化してしまうことがありますので水漏れに気が付いたら早めに対処するようにしましょう。

ノズル部分から水があまり流れていない場合には、ノズルの目の部分に、カルキやカビ、尿汚れが詰まっている場合がありますので、ノズル部分は一度綺麗に掃除をされると、原因が解消されることがあります。

購入してから、一度も掃除をしていない場合は、ノズルの目詰まりが原因である場合もありますのでブラシで汚れを綺麗に落とすとよいでしょう。

機械の故障の中で一番大きなものにはノズル部分の水漏れがあります。

ノズル部分の手前部分にあるバルブユニットの調子が悪くなってしまうと、水の開閉がきちんとできなくなってしまうため水漏れが起こりやすくなります。

バルブユニット部分から水が漏れているのに気が付いたら早めに業者に修理を依頼するのが一番です。

ウォシュレットトイレはちょっとした衝撃で機械が壊れてしまう場合もあります。

例えば物をぶつけてしまったり、勢いよく便座に腰を下ろしてしまい衝撃がかかると給水ソケット部分が破損してしまうことがあります。

機械を長持ちさせるためには、普段から丁寧に取り扱いをするように心がけましょう。

また長年の使用で給水ソケットのパッキンが劣化してしまうこともありますので、この場合は修理が必要になります。

不具合に気が付いたら、このまま放置せずに水漏れ修理の依頼をするようにしましょう。

 

分解してみないとわからないこともあります

ウォシュレットトイレの水漏れはどこから水漏れをしているのか、なかなか特定出来ないこともあります。

そうした場合は実際に分解してみないとわからないこともありますので、水漏れ修理の依頼はなるべく早く業者にした方がよいでしょう。

素人ではなかなか故障個所がどこかわからないということもありますし、自分で直そうとして逆に故障個所が悪化してしまうこともありますので、素人は触らない方がよいこともあります。

専門業者の場合、安く修理を行うことも出来ますし、あらかじめ見積りもしてくれますので料金に納得してから依頼することも出来るでしょう。

自分で無理に直そうとして悪化してしまうこともありますので、最初から業者に依頼した方がよいという場合もあります。

給水ソケットからノズルまでの水の流れは、温水をためるためのタンクやホースなどがあります。

水漏れの原因の多くが、パッキンなどの劣化によるものが多く、パッキンが劣化している場合は部品の交換をすれば、元通りに使用することが可能です。

他にも本体の操作パネル部分や本体の裏側など様々な場所から水漏れが起こっている場合があります。

こうした部分は一度分解してみないとわからない部分ですので、業者に依頼するのが一番です。

分解は決して自分で行わないようにしましょう。

機械の中は多くの細かい部品が入っていますので、自分で修理しようとするのは大変危険です。

部品の中には熱を発するものもありますので、勝手にいじってしまうとやけどの原因になってしまうこともあります。

 

水漏れトラブルは普段からの予防で防げます

水漏れ修理が必要になるほど、ウォシュレットが故障しないためには、普段からウォシュレットトイレの使い方をきちんと行うと、ある程度予防をすることが出来ます。

全く掃除をしていないと、機械部分に埃や水垢が溜まってしまうため故障しやすくなりますので注意する必要があるでしょう。

トイレを使用する時は、常に換気をしておくことです。

トイレ内に熱気がこもってしまうと、ウォシュレットトイレがオーバーヒートしてしまうからです。

冬は凍結しないように注意しましょう。

保温機能を使うことによってウォシュレット内の水の凍結を防ぐことが出来ます。

またトイレの湿度が高すぎると、基盤がカビてしまったり、パッキン部分が湿った状態になるため、中の機械のパーツが湿らないように、トイレの中は常に換気しておいた方がよいです。

窓があれば定期的に窓を開けて換気をしたり、窓のないトイレの場合は一日中換気扇をつけておくことによって、トイレの中の湿度を下げることが出来ます。

またトイレ掃除は必ず定期的に行うようにしましょう。

機械本体や接続部分は綺麗に掃除をして、埃を取り除いておきましょう。

埃が付着していると故障しやすくなります。

特に給水ホースと本体の接続部分に埃が溜まっているとフィルターが目詰まりしやすくなりますので、故障しやすくなります。

取扱説明書には普段のお手入れの仕方などが書いてありますので、しっかりと読んでお手入れをされると、故障をある程度防ぐことが出来るでしょう。




サイト内検索
水漏れ修理業者関連コラム