トイレが詰まったときは放置すれば直る?

なんだか「トイレが流れにくいような感じがする」「流れなくなってしまったけどどうすればよいかわからない」ということはどんな人でも一度は経験したことがあるでしょう。

どのように対応すればよいのか、放置してもよいかなどシチュエーションごとに分けてベストな対応方法をご紹介します。

トイレが詰まったらまずやるべきこと

一言でトイレの詰まりといっても実はいくつかのパターンに分けることができます。

まず1つは水洗レバーを押して水は流れるものの、トイレのフチギリギリまで上がってきてしまうようなパターンです。

この場合は、それ以上水を流すことは止めて放置してみるのも一つの選択肢と言えるでしょう。

そのまま水が元の水位に戻って、前と変わりなく使えるようになることもあるため、それほど急ぐ必要はありません。

ですがくれぐれも焦って水を何度も流したり、バケツなどで水を追加するようなことは避けて、あくまで様子を見るのがベストです。

つぎに水が溢れてしまった場合や、逆流して汚水がトイレから溢れそうな場合にはできるだけスムーズに水漏れ修理を依頼することをオススメします。

この場合はかなり深刻なつまりが発生していたり、水漏れが起きている場合が考えられるためです。

万が一そのままにしておくと、水漏れが悪化して他の部屋にまで被害が及んだり、集合住宅では他の部屋への水漏れ問題に及ぶ可能性があります。

ですからできるだけ早く修理を依頼すること、またこれ以上水を流さず、可能ならトイレの水栓を締めておくと良いかもしれません。

自分で詰まりを直したい、そんな時は

先に説明した水位がいつもより上がっているものの流れているようなときや、流れる時の音に違和感があるような場合には、今すぐに問題がないというケースもあります。

しかし、放置することで問題が深刻化することもあるので早めに対策するのがベターです。

とはいえ、修理業者を呼ぶと費用がかかってしまうし、できれば自分で修理したいという人もいるでしょう。

そのような場合にはラバーカップを使った方法がオススメです。

ラバーカップは、スッポンやベコベコなどとも呼ばれ、棒の先にお椀状のゴムが取り付けられた詰まりを解消するための器具です。

ゴム部分を排水部分に押し付けて引っ張ることで、排水溝内に圧力がかかり、つまりの原因となっている異物を取り除くことができます。

ラバーカップはそれほど高価なものではなく、ホームセンターやスーパーなどでも販売されていますし、使いかたも非常に簡単です。

軽いつまりならこうした器具を使うことで解消することができますし、逆に日常的に使うことでつまりを予防するのにも役立つといえます。

万が一こうした道具がない場合には、ペットボトルでも代用することが可能です。

500mlないしは1.5リットルサイズのやや丈夫なペットボトルを用意し、底の部分をカッターなどで切り取ります。

蓋は閉めたままにして、切り取った底の部分をトイレの流れる部分に合わせて強く押し込み、そのまま強く引き抜くという方法です。

あくまで簡易的な方法ですし、ペットボトルの切り口で便器を傷つけないようにするなどの注意は必要ですが、簡易的なつまり解消グッズとしては大きな効果を持ちます。

ちなみに、ペットボトルを使ってつまりを修理しようとする場合にはゴム手袋やマスクなどをして、便器内に溜まった水や汚水が体につかないように注意して行いましょう。

なお、つまりが解消する際には、詰まりの原因となっていたペーパーや汚物などが出てくることもありますから注意が必要です。

またつまりの原因が一度に全て取り除ききれるとは限りません。

固まったペーパーなどが出てきてもすぐに水を流すのではなく、それらをゴミ袋やバケツなどに移した上で、水位が引くのを待ってから水を流しましょう。

修理業者に依頼する時のポイント

自分で修理する方法やつまりを直す方法もありますが、プロに依頼しなければどうにもならない事態もあります。

そうした際には、まず状況を正確に伝えた上で、修理にかかる費用や時間などを聞いてから業者を呼ぶようにしましょう。

水漏れ修理の特性上、相手が焦っていることや時間がない状況に漬け込んでやや高い金額を提示するケースもあるようです。

ネットの相見積もりや、電話で2社以上の業者に大まかな費用を聞いた上で修理を依頼することで、こちらとしても安心して修理をお願いすることができます。

なお、保険によってはこうした水漏れやつまりが保険対象になっていたり、控除が受けられるケースもあるため、修理が終わった後に保険の適応内かどうかを確かめるのもお忘れないよう。

まとめ

誰でも必ず毎日使うトイレだからこそ、トラブルが発生すると焦ってしまいますし早く直したいという気持ちに駆られるものです。

しかし自分で修理できるかどうか判断する、また業者に依頼する前に見積もりをとることを忘れないようにしましょう。

水がたくさん溢れている、水漏れして止まらないというような状況を除けばそれほど焦る必要はありません。

落ち着いて自分ができる対策を試してみること、適正な料金での工事をしてもらうこと、この2つは心がけておくべきといえるでしょう。




サイト内検索
水道修理業者ランキング
水の救急隊
水道屋本舗
スイドウサービス
JBR生活グループ(水の生活救急車)
クラシアン
イースマイル
水道救急センター
水110番
水道1番館
水協
水漏れ修理業者関連コラム